のどかな風景の背景の中で・・・

沖縄に旅行に行くとあらゆる場所に沖縄猫の存在があります。
所謂野良猫の類の猫たちもたくさん見られていて、きっと沖縄の穏やかな気候というものが過ごしやすく感じていることでしょう。
もちろん自宅で猫を飼って過ごしているという人もたくさんいますから沖縄においての猫の飼い率は高いものになります。
もしかしたら日本本州ではなかなか目にかかることができないような品種の猫と対面できることもあるかもしれませんし、とにかく穏やかな気質の猫が沖縄には多いものですから例え野良猫だとしてもちょっと親しみを込めて接していけば簡単に手元に近づいてきてくれるような猫もたくさん見つけることができます。
穏やかな気候のなかで、ちょっと自由に生きるイメージのある猫たちはある意味沖縄県民と相性が良いのかもしれません。
だからこそ上手く共存することができているわけですし、これからもきっとそんな生活は変わらずに過ごしていくことでしょう。
猫の存在がいるおかげで農業をしている人たちも毒を持っているような危ない動物から逃げることができますし、猫が追っ払ってくれるということも聞きますから安全に生活していくためにも猫の存在は欠かせないものになります。
驚きの連続!??
沖縄抜き、と聞くとあまり良い内容ではありません。
これは、新聞からの記事によると東京電力の料金が沖縄電力を抜いて全国で一位になるほどとても高いものとされているからです。
どうしても沖縄という気候柄電力を使用していく機会は多くなるものですし、暑い日には冷房無しではとても過ごしていくことができないほど夜も暑い気候である場所になりますが、それでも本州よりもかなり高いということが分かりました。
これを防ぐために一時期は原発を活用していくという案も出たもののそれは受け入れられず、更に離島においては本島よりも送電や発電の料金がより多くかさんでいくことによって高い電力に頭を悩まされています。
しかし、福島においての原発事故と電力の値上げ現象によって沖縄電力をついに抜くといった結果につながるようになりました。
こればかりにはさすがに沖縄県民としても驚きを隠せない事態となりました。
沖縄が一番電力を消費している場所だとばかり考えられていたからです。
しかし、現代では原発から電力を得ている地域も多いのだと痛感させられる結果となりました。
原発は問題もあるもののやはり生活をしていくなかでは必要なものでもあると多くの人たちの生活には欠かせないものになるようです。